第5の手紙「お金」について 本田健、「大富豪からの手紙」から

f:id:morishige0810:20190122220339j:plain

夕方、6時の帰り道。

大きくてまあーるい月が浮かんでいた。

遠くに、高く昇ってしまったらこんな大きな月は見られない。

そんな大きな月も坂道を降りたら山の向こうへ隠れてしまった。

 

今日で東京マラソンまで、あと40日。

会社を出るころには日もすっかり沈んで、外の気温は0℃。

ふと気が付いたら歩道を走るランナー。

こんなに冷たいのによく走るなあ、と他人事のように見送ったあとで、

「ああ、自分も練習しなくちゃ」とすこしあせりを感じた。

最近、寒い中、練習していたせいか、手先や足、顔とか、極端に冷えを感じるようになった。

手のひらとか、真っ白になって凍ったような感じ。

最初は風邪かなって思ったけど。

元々、痩せすぎで体がエコ運転になっているのか、燃やす脂肪がないのか、

食事の量を多めにして、着る服も1枚増やしたら調子も回復してきた。

 

そして第5の手紙、その内容は「お金」について。

言うまでもなくお金は人生におおきな影響力を与える。

そんな「お金の正体」とは以下のように表すことができる。

1.お金とは「エネルギー」であり、善悪は無い。

2.多くの人々が「お金を信頼すること」によりその価値が成立している。

3.お金とどう付き合うかは選択できる。

 

お金自体、ただの数字の書かれた紙きれなのに、世の中ではいろいろなものに変化する。

それは物を買ったり、人を幸せにすることもできる。

そしてお金自体は善悪の判断を持たずに、「エネルギーが強いもの」に引き付けられて

いく性質をもっている。

そのため、お金は「すごく良い人」のところにも集まるし、「すごく悪い人」のところへも

引き付けられる。良い人がお金を持ったら「いいエネルギー」となり、悪人がお金をもったら

「悪いエネルギー」になる。

お金のエネルギーが「自分の器」を超えてしまうと、そのエネルギーに押されて人は不幸に

なってしまうんだ。

 

まだ、最初の「お金はエネルギー」である。というところまでしか、今日は書けなかった。

 

お金が持っているエネルギー、人が幸せになるためにはそんなお金とどのように付き合って

いけばよいのか?

説明にはより多くの時間が必要となりそうだ。

今日はここまでにしよう。

次回につづく。