子供の頃の風景

東京マラソンまであと6日。

先週から本格的な花粉シーズンが到来。

私も鼻づまり、のどの乾燥から痛み。

走るうえで最も大切な呼吸。

回復は間に合うかな。

できるだけ栄養価の高い食事と、睡眠。

今日からは体力補充に努めなくては。

3月3日の天気予報は雨の可能性あり、確率は50%

雨に備えてレインポンチョをアマゾンで注文。

できるだけ疲れを残さないように。

 

子供の頃。

覚えているのは小さな平屋の家。父が勤めていた工場の敷地の中の社員用住居。

なので野球ができるぐらいの広い庭が広がっていた。

父が作ったブランコと鉄棒。なぜならその会社は鉄パイプを作っていたから。

広い草むらが僕たち兄弟の遊び場。

そこには、モンシロチョウやアゲハチョウ、とのさまバッタやカマキリ、

細い水路があって、そこにはフナやザリガニ、カエル、そんな小さな生き物

たちが僕らの友達だった。

小学校までは約、3km、子供にとっては果てしなく続く遠い、通学路。

みんなであっちこっちを寄り道しながら、歩いて通学。

春、夏、秋、冬、毎日、歩く。

雨の日、風の日、熱い日、寒い日。

毎日歩いていたら、そんな道の上にいることが好きになった。

そんなことが今のマラソンに続いているのだと思う。

だからタイム自体は僕にとってあまり重要ではない。

まだ出合ったことのない道と出会って、その先に何があるのかを確かめたいから。

3月3日。

僕はどんな景色と出合うだろうか。