母の日に歌う。

f:id:morishige0810:20190514211130j:plain 日曜日。今日が母の日だったことに気づく。あわてて今日の予定を考えてみると午前中は別の用事を入れていたので、午後にお墓詣りに行こうと決めた。墓地までは車で20分ぐらい。遠い訳ではないが、頻繁に行く訳でもなく前回のお彼岸から今日まで時間が経ってしまった。山奥に向かって車を進めると墓地の看板が見えてきた。入口付近には3年ぐらい前に建てられたメガソーラーのパネルが一面に並んでいる。なんとも不釣り合いな景色の横を通り過ぎ、お墓の近くに車を止めた。大小100基ぐらいの墓石が整理された区画に並べらてたその墓地で他の参拝に来た人と出会う事は滅多にない。シーンと鎮まり、風の音が僕の横を通り過ぎていく。地面に目を向けるとしばらく来てなかったせいで多くの雑草が生えていた。よそのお墓も同じく誰かが訪れたような形跡はない。うぐいすの鳴く声が聞こえてくる心休まる場所ではあるが、この世に生きている人から見たらとても寂しい場所である。もっと賑やかな場所にして欲しかったと文句を言ってるかもしれないな。そんな事を思いながら雑草を抜き始めた。墓石に刻まれた母の命日「3月9日」、僕の中学の卒業式が終わって間もないうちに母は家からいなくなった。あれからもう40年という長い月日が過ぎたんだ。お線香に火をつけてしばらく目を閉じる。そしてまた何も聞こえない時間が止まった世界からゆっくりと目を開ける。僕は生きている。

家に帰りギターを弾きながら僕は「3月9日」を口ずさむ。母がいなくなったのをきっかに始めたギター、今、僕が手にしているギターも同じ月日を経て今、ここにいる。「3月9日」この曲と出合ったこともきっと偶然ではなかったんだ。長い間ギターを続けてきた僕が巡り合ったギフト。なんかイチローみたいなセリフになってきたのでここで止めておこう。