もう今年を振り返っている自分(中間報告)

もう10月。今年も終盤となってきた。

毎年、今年の目標とか、自分を変える事についていろいろ考えるが、今年はどうだったろうか?         そう、今年は昨年に比べ更に大きく変化した年に違いない。

最も大きな出来事はヒーリング治療という最もスピリチュアルな世界に触れ、実体験として学んだ事である。ヒーリングとは?の問いに対して、誰もが理解できるように説明する事は、実際に学んだ自分にとってもかなり難しい作業である。

簡単に説明を試みると、先ず人間、生物、いや、この世に存在するすべてはある種の生命エネルギーを持って存在している。 人において病気の状態とはその生命エネルギーの流れが、ある種滞っている状態を指す。 ヒーリングは自分の意識を集中し、この地球、それを包む宇宙に存在するエネルギーと繋がることで、ヒーリングを施す相手とも繋がり、相手のエネルギーの滞りを正常な状態へ戻してあげることで相手の病気を回復へ導く。 

どうだろう。これだけでは何もわからないという人がほとんどだろう。ヒーリングの説明は別の機会にまたじっくり取り組んでみたい。ヒーリング自体が普通に健康な人であればまわりのほとんどの人はヒーリングの存在を知らないだろう。

私もヒーリングという能力の存在と出会ったのは1年前ぐらいの最近の事で、豊富な治療経験と実績がある若手のスーパーヒーラーに出合い、誰でもヒーリングができるように体系されたすばらしいワークに参加できたことは今後の私にとって大きな財産を得たと思う。

ヒーリングを知って、自分の中の意識と対話や意識の整え方を学んだ。ワークの内容が多岐にわたるのでとても1回のブログには書く事ができないが、約半年間、ヨガ、深層心理、健康とは何か、食事、お金とは?様々な事について触れ、学ぶ事ができた。

 

そのせいかもしれないが、今年の4月、いきなりスキューバダイビングに挑戦した。                      以前から海にあこがれていたのが、ちょっと前まで泳ぐことから逃げていた金づち君だったので海はかなり遠い存在だった。 しかし、どうにか近づきたい思いもあって2年前からコツコツとプールに通い、ようやくクロールで息継ぎができるくらいになった。同時期にハワイに行ったことも重なり、きれいな海を潜ってみたいという思いが強くなっていた。そんなときに急にだが沖縄、宮古島に行く機会が生まれ、この流れに乗るしかないと、体験ダイビングの申し込みをしてしまった。

 

やばい、今日も締め切りの時間が来てしまった。 一話完結で書きたいと思っているが、書くのが遅くて毎日、書ききれない状態になっている。制限時間を設けているので今日はここで終わりにして続きは次回更新としたい。