春の桃源郷を走ってきました。

f:id:morishige0810:20190418225037j:plain

f:id:morishige0810:20190418224228j:plain

f:id:morishige0810:20190418224157j:plain

今日は新府桃源郷、一面に咲いた桃の花をプレゼント。

朝早い時間にランニングがてら撮影してきました。普段、車では入ることができない畑の中でスマホ片手に最高のアングルを求めて歩きまわっていたら来た道がわからなくなってしまいました。なので帰りは初めての道を自宅の方角を目指して探検気分。新しい道で、いつもと違った風景と出会う。そんな身近な楽しさを見つけるのが好きで僕は走っています。

外の風景は春、まっさかり。自然と気持ちも楽しくなるような。でも、なかなか明るい気分になれない場合もある。そんなときはどうしたらいいのだろう。その人がいる環境や抱えている悩みは様々、とてもひとつの話が当てはまるとは限らない。すべてにやる気が起こらない。でもそんな時こそ自分と向き合って小さな工夫をひとつひとつ試してみることが大事だと思う。思考が疲労してしまっている人の多くはたぶん睡眠に問題があり生活のリズムが崩れてしまっている。夜、寝る時間、または朝、起きる時間が決まってなくバラバラな状態で生活している。先ずは睡眠時間をしっかり固定して毎日、同じ時間に起きる。これは休日であっても崩さないように、とにかく毎日、同じ時間に起きる。落ち込んでいるときは何かにすがっても良くしたいと思っているわりには今の生活を改めるとなると突如、「私は無理」「やりたくない」という拒否反応がでてくる。その拒否反応とどう戦うか?それが今の自分を良い方向へ導くためのひとつのカギとなる。睡眠時間を守っても私が持っている問題は何も解決しない。そう思ってもやってみる。とにかく基本が大事。睡眠、食事、運動、誰もが知っている健康の3大要素。この基本と素直に向き合い毎日を生きてみる。朝、決まった時間に起きる。先ずはそこから始めてみよう。

(文章を書くとき、その内容は誰に向けて書いているのか?それをしっかり決めて、相手を想定して書くことが大事といいます。私自身、何気なく思いつきで書いている部分もありますが、その相手はやはり私自身だと思います。相手を通して今の自分を見ている。そして相手を励ますつもりで自分自身の事を励ましているのです。もし、共感する方がいたらいっしょにやってみましょう。)