「億男を読んで」

最近、読んだ本、「億男」

近日、映画公開。人気俳優「佐藤健」、「高橋一生」主演、その他豪華俳優が共演する映画とあって

この本も目立つように飾られていた。

ちょっと以前の仮想通貨の高騰で「億り人」が多く生まれたが、大金を手にしたとき、人はどうなるのだろうかという事に興味があった。

この物語の主人公、一男は弟が作った借金の肩代わりを背負うこととなり、自分の家庭も崩壊し一人暮らしをしている。そんな一男が宝くじに当選し、三億円を手にいれる。

急に訪れた大金に引き寄せられる恐怖、お金とどう向き合ったらいいのか?さんざん考えたあげく一男は

大金持ちになった旧友、九十九を訪ねる。

三億円の大金が手に入ったらあなたはどうしますか?

私だったら、1億で都心にマンションを買い、残りは株式投資で更に増える仕組みを作ってその利潤で生活する。 誰もが考える内容。さてその次はどうするか?

働かなくてもお金に困らない生活。そうなった時、人は何に生きる道をみつけるのだろうか?

本を読み進めてわかる事はお金はその人の見方によって大きくもなるし、小さくもなるという事だ。

人は無意識のうちにお金を意識し、お金に縛られる。見えないお金を意識して、「お金が無いから」を口実に大切なものをあきらめてしまう。 お金があれば。。。

見えないお金に夢をふくらませてばかりでは何もかわらない。

お金に縛られない人生を生きるにはどうしたらいいのだろうか?

そのためにはお金の本質を知って、自分自身がお金を管理しなければいけない。

お金が人から奪うもの、お金があっても手に入らないもの、お金を手にして初めて見える自分の本質。

そんな事を考えながらこの本を読み終えた。

そして、読み終えたあとに自分に問う。

「あなたはお金が欲しいですか?」