退屈な時間

f:id:morishige0810:20181220211749j:plain

今日は家でひとり。

まだ、慣れないせいか、言葉が浮かんでこない。自然に言いたいことが吐き出せない自分がいる。これもずっと会社やその組織の中で仕事をしてきた中での習慣のようなものだろうか。

今、あなたが新しい生活を始めるとしたらどんな場所に住みたいですか?すごく景色が良くて隣に他の家もない、少し森の中にあるような別荘のような場所がいいですか?

それとも隣近所が見える、周りの人たちの生活が感じれるような、住宅街のような場所を選びますか? 私はやはり、人々の生活する音が聞こえてくるような街中の生活が好きです。

家で一人で過ごす時間も持て余すのに、ひとり別荘のようなところに行ったら本当に何をしたらいいのかわからなくなりそうです。

以前、同じく休みの日、家で一人の時、洗濯物を干そうとしてベランダに出て窓を閉めた瞬間、窓の内側の鍵が閉まってベランダから戻れなくなってしまいました。

こんな時、森の中の別荘だったらどうしますか? まだ春先近くで寒い中、外を見ても誰もいないので、いざ覚悟を決めて飛び降りるしかなさそうですね。無事に着地できたとしても玄関や他の入り口も全部鍵が閉まっていたら家の中に戻ることはできず、他の助けを求めて彷徨うことに。 そんな時、私は幸運に隣近所の人に助けを求め、ハシゴを立ててもらい無事に降りることができました。当然、鍵を持っておらず家に入ることができませんでしたが、私の家の住宅メーカーに電話して来てもらい窓を開けることができました。

その後は、ベランダに出る時は、その窓を絶対開けておくようにしています。