今日のお薦め 星野源「よみがえる変態」

さあ、ブログを書こう。

ふと、本屋さんで目に留まった星野源の文庫本。

その題名も「よみがえる変態」

TVで歌っているときの彼は、

さわやかな顔立ちでPOPを歌い、変態のイメージはひとつもない。

これは見た目が良い事による魔法なのか?

いや、

彼の文章はとても素直で無邪気な人柄にあふれている。

それがみんなから愛されている彼の魅了だと思う。

世間の話題に深く関心を持たない私は、

彼が脳内動脈瘤破裂の病に倒れたことなど記憶にない事だった。

彼の壮絶な病気との闘いを読みながら、

彼が激しい痛みに苦しみながらもそこから湧いてくるユーモア、

これをネタにしてやろうという意欲や、想像力に僕は驚くばかりだった。

これまでこのような体験をしたことがない自分が本当に幸せで

感謝しないといけない事なんだなと思った。

 

もちろん、星野源は有名人で才能と実力を兼ねた

素晴らしいアーティスト、

僕の文章なんかただ真似事でしかないが、

彼のように日常のエッセイをおもしろおかしく

書けるようになれたらいいなと思う。

(おわり)