ギターと僕

東京マラソンまであと22日。

今朝は雪が振り出しそうなどんよりした曇り空。

東京や千葉方面では降雪の様子がTVに映し出された。

こっちも降るかな?

すこし考えて今日は走るのをやめた。

気が付くと5年日記に続く空白の欄。今週はすっかり付けるのを忘れてしまった。

あわてて昨日の欄を埋めてみた。

明日はギター教室の発表会。

指先が痛くなるまで練習した。

今日は実際のステージ上で予行練習。

照明がギターを照らし、張り替えたばかりの弦がキラキラ輝いてみえる。

自然と指が硬くなり、家で弾いているときとは別感覚。

100%上手く行ったとは言えないが今日の出来を受け入れるしかない。

明日は楽しくやろう。そう心に決める。

本屋さんに立ち寄り、ホリエモンの本を手に取ったらこんな一説が書いてあった。

小さな勇気を振りしぼった体験がもっとも大切。

やりたいことはすぐにやろう。考えたら負け。

考えて動けなくなる前に行動しよう。

そんな言葉が頭に焼き付いて、すぐにブログに書きたくなった。

学生の頃、僕はステージに立った。

フォークソング同好会にいた僕は、学園祭で同じように発表会に立った。

カラオケもやったことがなかった僕の声が初めてマイクから流れた瞬間、

そう、その時、

目の前の観客に衝撃?が走り一瞬の静寂がおきた。

良かったのは、その第一声だけ。

思いっきり緊張した僕の演奏はいっぱいいっぱいで、とても聞かせる余裕はなかった。

あれから、こんなステージで演奏することは無かった。

明日はいったいどうなるだろうか? 

上手くいっても、失敗しても、今の自分を楽しもう。

ちなみに来週は近所の新年会。

ここでもギターを弾くことを企んでいる僕です。