第2の手紙 [決断]  本田健、大富豪からの手紙より

東京マラソンまで51日。

朝は凍り付くような冷たさだけど、この3連休はトレーニングしなくちゃ。

今週は仕事始め。

今年の目標。

ブログ、今年は年間100本記事を投稿します。

それから読者数を増やすこと。閲覧者を今の倍に増やす。

いろいろと手法はありますが、先ずはブログ内のコンテンツを充実させる事。

それから宣伝用の名刺を作って配って歩く、最初は地道な活動を実際にしてみようと考えています。

 

そして第2の手紙  [決断]

大富豪のおじいちゃんから届いた第2の手紙は次の内容が書かれていた。

「成功に必要な事」それは「決めること」

物事は決断無しには何も動かない。

「決断した瞬間にその未来が同時に生まれる」

「決断すること=自分の新しい未来を作り出すこと」

いざ決めることにフォーカスすると、普段、物事を先延ばしにしてあまり決めていない事に気づくと思う。 人は決断するときに不安や恐れを感じるもの。

これで合っているのかな、とかもっといい選択があるんじゃないかなとか?

あるいは人からの誘いが、急すぎるとか、いろいろと先延ばしの理由を作ってしまう。

だけど時間をかけて考えてみたところで物事はちっとも実現しない。

確かにそんなことを何度も繰り返してきたように思う。

海外旅行に行きたいと思ってもなかなか休みが取れなくて。

そう、これも決めてないから休みが取れないんだよね。

最近はとにかく決めて行動するように心がけています。

ブログを書くのも決断力をつけるという意味ではよい練習になります。

最初、何を書こうかな、って考えて、次に出だしはどうしよう。

言いかえれば文章を書くことは決断の連続です。

こんな内容でいいかな?って迷っていたら全然、先へ進めない。

投稿する瞬間もそう、

こんな内容で投稿したら、何か批評されるかな、はずかしいとか?

でもそんな心配するような事は起こりません。ただの自意識過剰。

そんな不安にも最近はやっと慣れてきました。

そして今ではブログを書く喜びも増えて新しい光が見えてきました。

中には自分は絶対にうまくいかない。って決めている人もいるかもしれません。

どうせ決めるなら人生が楽しくなる事を決めましょう。

「最高の未来を手に入れる」

この本の主人公はそう決めました。

「人生のすべてを一瞬で変えることはできない。しかしその方向性は一瞬で変える事ができる」

さあ、決めましょう。

ここで大切な事がもうひとつ。

最高の未来、本当に欲しいものは目の前の選択肢の中にあるとは限らないという事。

つまり、目の前にあるベターなものだけ選んでいても心からワクワクするような人生は送れない。

これは、私が人生を変えるというテーマの中で最も大きな課題になるものかも知れない。

新しい道を選ぶ時、自分の人生を信頼して決断すること。

そして、いつ決断するのか。

今、決断しなさい。 おじいちゃんは僕をそう励ましてくれました。

第3の手紙 [直感] へ続く。