清里と思い出のドライブ

f:id:morishige0810:20181104221133j:plain

f:id:morishige0810:20181104221204j:plain

f:id:morishige0810:20181104221233j:plain

休日の清里高原

1980年代、空前に沸き上がった清里ブーム。

あの頃、二十歳過ぎの僕らは八王子にある会社の社員寮で過ごしていた。

TVを見ていた友人が、「清里にでも行かない?」

そんな軽い誘いにのって意気投合。 男4人組、車に乗り込み清里へ走りだした。

まだ朝日が昇る前に出発し、早朝に初夏の清里高原に到着。

当然、お店はまだ開いていないし、歩いている人もいない。

ただ車を走らせながら、成り行きのノリを楽しんでいる。

そこから友達の実家がある群馬へ行くため、軽井沢に向けて北へ向かう。

清里に来てみたところで、基本は山の中、何か変わったものがある訳じゃないが、

そんなムチャをしていることが楽しかった。

それから30年以上の月日が過ぎて、今は清里の近所で生活している。

あの時はまさかこんな近くに引っ越してくるとは思っていなかった。

懐かしいな、あの頃流行っていたチェッカーズ中森明菜の曲をカセットテープに

詰め込んでカーステレオに押し込む。サザンオールスターズは友達のお気に入り。

同じ社員寮で生活していた仲間は今はバラバラに、各自、違う生活を送っている。

そして今、再会の機会を作ろうとしている。

また、是非カラオケに行こう。 そしてサザンをみんなで歌おう。