ブログって何?

今日はハロウィン。

渋谷の街は歩道なのに満員電車に乗ったように

みんな押し合いながら歩いている。

私が生活している山梨では、いつもと同じ、まったく関係が無いような顔して

時間が流れている。

「違うんだな」って気づいたのは会社から帰って来て、TVにその別世界が

映し出された時。

今日がハロウィンだなんてまったく気にすることも無く過ごしていた。

ブログって何を書いたらいいですか?と聞かれて、実は私もまだテーマを決めて

いないので、いつも考えてしまう。

以前は自分が覚えている子供のころからの生い立ちを自叙伝のようにずっと書いたりしてみた。

それから、「今日のお題」が並んでいるところから無理やり引っ張ってきて、そのテーマに

合わせて自分の経験や、意見を書いてみたり。

今日の新聞のコラムには「そもそもそれって」という題で前に聞いた話を繰り返し聞かされた人の

対応について書かれていた。

話を最後まで聞いてから、「その話、前にも聞いたよ」と告げてくる人と話の始めの方で、

「前にも聞いた。」と遮断する人。話していてきついのは7割ぐらい聞いといて、「その話聞いたよ」

であっけなく終わる人。オチは最後にこの話って、前にしたかなあ?って悩む作者。

話上手な人は同じ話を最後まで聞き、あいづちを打ちながらその話題に乗ってくれる人。

うちの奥さんなんか、10回ぐらい同じ話、振ってくるよ。夫婦の会話なんてそんなもの。

そう、私が今日言いたかったことは、ブログの題材なんてその人のアレンジ力でどうにでもなる

という事。

本当はテーマは決めておいた方が楽だし、中身のないことを書いていたら注目はされないと思う。

今日の私は悪い事例かもしれないが、今日は書き出しから思いついた事を書き続けてみた。

無理やり書き始めて、終わりがどうなるのか自分で楽しんでいる。

どうかな、これも私にくれた質問への立派なブログ。