今年を振り返って。 夏のモヤモヤ

今年の夏、始まる前は海にたくさん行ったり、自分をもっと変えるぞ、

って思っていたが予想に反して大きな変化は何も起こらなかった。

というより行動しなかったのだから、何も起こるはずがない。これが現実。

とにかく暑かった。

天気を相手に文句を言っても勝てるわけがないが、暑すぎて家から出れない。

ジョギングは気持ちよく中止。こんなに暑くては「やらない」方が圧倒的に強い。

それを押しのけて走っている人を車の窓から見ては尊敬の目線を送っていた。

かわりにプールにはよく行ったが、上達の変化は小さく、やりきった感はない。

夏。。。子供の頃は無条件に楽しかったのに、大人になるにつれ期待も増すが

想像するような派手なバカンスは無く、お盆休み前の会社は忙しい。

8月は終戦、戦争反対をテーマにしたニュースが流れ、お盆に亡き両親を迎えて過ごす。

手放しに遊ぶ季節の夏は変わって、あきらめの夏の雰囲気を感じるようになった。

そして今は10月。異常な暑さも通り過ぎ、普段の走りも爽快感が増してきた。

今のところ大きな目標は11月末の河口湖マラソン。年の締めくくりとして毎年参加している。

ここで満足できる走りをして来年の東京マラソンにつなげたい。