オーラーを見る

普段、スピリチュアルな世界に興味が無い人も、オーラーという言葉は知っていると思う。

その人が回りの人へ向けて放つ波動というか、その人柄が作り出す雰囲気というか、人は以外とその人が持っているオーラを感じとっている。

その人が普段のように振舞っていても、その内面にある、今日は気分が乗っていて元気そう、あるいは、悩みごとがあるのかな?とか、いろいろな事を無意識のうちに感じとっているはずである。

オーラはその人の体内がもっているエネルギーからでる波動である。

私たちが立っている地球やその地球と取り囲む宇宙も外部へ向かってエネルギーを放出している。

そのエネルギーを介して私たちはそのエネルギーと繋がる事ができる。

病気は、人がもっているエネルギーの低下だったり、乱れに例えられる。

つまり、その人の弱ったり、乱れたエネルギーを地球や無限に広がる宇宙と繋ぎ、正常な、活発な状態に導き、その病気を治すことがヒーリングという治療行為になる。

オーラーにはその人もつ性格を表す「色」があるという。

オーラーを見る実習をした中で、複数の人が私のオーラーの色を「緑」と答えていた。

また、オーラ写真の撮影と性格診断をしてくれるというお店があったので、実際に私のオーラ写真を撮ってみたら、やはり緑色の診断であった。

小さいこる、絵を描くことが好きで、好きな色は緑色だった。自分の意識としても緑は好きな色で惹かれるものがあったので、なるほどと納得してしまった。

これまで、普段、気づかなかったことに気を配り、その人の内面を見るヒーリングというものに私はよりいっそう惹かれるようになった。